新築工事チェックを行わないとどうなるのか

新築工事チェックを行わないとどうなるのか

当然ながら全ての住宅ではありませんが、新築住宅を購入する方は入居する前には新築工事チェックを依頼しないと後から後悔してしまうリスクがあります。新築工事チェックは住宅内外の殆どの場所を対象にしており、基礎部分から屋根まで施工状態に問題がないかどうかを明確にすることを可能にしています。もしも行わずにそのまま入居してしまうと、屋根や外壁、床材や壁、水回りの設備等は問題なく使えているものの、数年後には天井やクロスにシミやカビが出てしまう現象や、床材のフローリングの一部分が凹んでしまう問題、更にフローリングが腐食してしまう現象が起きてしまう可能性があります。基礎部分に問題があればその周囲の室内部分が傾いてしまう可能背も否定はできません。床下や天井裏など通常は確認しないことが多くこの点がデメリットになりますが、新築工事チェックを済ませておくとトラブルを未然に回避できると共に、腐食によるカビの発生など家族の身体に悪影響を及ぼすリスクも回避できます。

欠陥住宅にならないように新築工事チェックの仕方

建設会社が新築住宅を建てる際に新築工事チェックを細目に行ってます。 欠陥住宅と言われないために現場監督が買主の代わりにチェックを行ってるのです。 木材がむき出しの時にチェックをすることになってます。 チェック項目は建設会社によって異なる場合もありますが、法律上決められたところにくぎを打ってないとなると、現場監督はチェックができなくなりますので、見回った時には必ずチェックを行う会社も多いです。 慣れてない大工さんは納期に間に合わないことから、くぎを打つのを忘れる方もいますので、現場監督がチェックをして指摘することになってます。 買主としては欠陥があると不安な方もいるのです。 そういった方には新築工事チェックを行ってくれる会社がありますので、建設している会社とは別に依頼する買主もいます。 依頼する時には建て方をして屋根が付けられた時に依頼することが重要となるのです。 ノルマがある会社ですと大工をあおったりするところもありますが、それをすることで大工に焦りが出てきてしまうので、早いにこしたことはないですが、大工さんのペースに合わせることが重要となります。

に関する情報サイト
新築工事チェックの基礎知識

このサイトでは、新築工事チェックの基礎知識を詳しく解説していきます。チェックを行う理由だけでなく、チェックしないとどうなるかなど、具体的に説明します。知識に関しても初心者にも分かりやすく解説し、専門用語も分かりやすい表現で示していきます。家を建てることは一生の買い物ですし、失敗は許されません。確認を怠って、あとで欠陥が発覚してしまってからでは遅いのです。そのため工事中のチェックは必須であるといえます。

Search