新築工事チェックを行う理由とは?

新築工事チェックを行う理由とは?

新しい家を建てる際、建築途中で検査を行うことがあります。施主が検査に立ち会わなくてはなりません。これを新築工事チェックと言います。検査を行う理由はいくつかあり、その一つに手抜き工事を未然に防ぐという点が代表的です。一時期、欠陥住宅が世間を騒がせたこともあり、最近では必ずこういった検査を行うことになっているのです。 新築工事チェックを行うことで、建ててから後々トラブルが起こることを防ぐこともできます。実際に人が住んでからトラブルが起こってしまっても、すぐに修繕するのは難しいからこそ、早めに確認しておくことが大事です。建築途中でチェックすれば、すぐに対応できます。 この検査は施工業者によって内容に多少の違いはあるものの、専門家がしっかりと確認してくれるので安心です。例えば、図面どおりに施工されているか、安心で安全の住まいかどうかといった点を見ます。プロの意見も参考になるので効率的と言えるでしょう。

新築工事チェックを行うことで分かる問題点の事例

新築住宅を建てて新しい生活をスタートさせる方は、入居する前にはできるだけ新築工事チェックを済ませて置くことは後悔しないためにも役に立つ検査になります。工務店やハウスメーカでは保証期間があるので10年間に限定はされるもの、設計ミスがあれば無償で修理やリフォームを行ってもらえます。ところがこの修理やリフォームには多くの日数が掛かってしまう可能性もあるので、ストレスを感じずに完璧な住宅で生活を送るには新築工事チェックは効果を発揮します。チェックによって見つかる問題点の事例の中には、床下に漏水がありカビが出来ている問題、基礎部分のひび割れも確認できます。全ての床面をチェックする方法では、フローリングであれば一部分を踏むことで下に沈むなど問題点が見つかる事例もあります。石膏ボードや壁内部の断熱材のチェックや窓ガラスのサッシの歪みや隙間なども出てくる可能性もあり、外壁や屋根のチェックでは防水対策が十分であるかどうかも分かります。このチェックによって、入居する前に工務店に調査結果を提出して修繕作業を行ってもらえば完璧ではないでしょうか。

に関する情報サイト
新築工事チェックの基礎知識

このサイトでは、新築工事チェックの基礎知識を詳しく解説していきます。チェックを行う理由だけでなく、チェックしないとどうなるかなど、具体的に説明します。知識に関しても初心者にも分かりやすく解説し、専門用語も分かりやすい表現で示していきます。家を建てることは一生の買い物ですし、失敗は許されません。確認を怠って、あとで欠陥が発覚してしまってからでは遅いのです。そのため工事中のチェックは必須であるといえます。

Search